ノーローンについて

ノーローンの無利息サービスは一味違います

ノーローンの無利息サービスは他の金融業者の無利息サービスと大きく違う点があります。一般的な無利息サービスの場合、初めて利用する人が一度だけ使うことが出来る権利のため、一度無利息サービスを利用してしまうと基本的には利用できなくなるサービスです。

他の業者の場合は30日間の無利息サービスが基本となっていますが、

 

ノーローンの場合他の業者と違い無利息サービスの期間が一週間と短めに設定されています。


期間だけ見てしまうと非常に短いため、無利息サービスが使い辛いと感じるかもしれません。

しかしノーローンの無利息サービスは他とは違い何度でも利用することが可能になっています。一度無利息サービスを利用した後に借りているお金を完済させれば、また翌月一週間の無利息サービスを利用できるようになります。

翌月またサービスを使いお金を借り、それを完済させればさらに翌月無利息サービスの利用が可能になるため、

 

基本的に何度でも無利息サービスを繰り返し使うことが出来るわけです。


ですから給料日前などに上手に利用すれば毎月無利息でお金を借りることが出来、お金が無くてピンチといった状態を無くすことが可能になります。

この何度でも利用できる無利息サービスは、ノーローンだけの特権ともいえるサービスですから、長期間カードローンを利用したい人や少額利用が多く返済が早い人であれば、一週間の無利息サービスを有効利用できますので、そういった人に向いているカードローンだと言えるでしょう。

価格が高騰したらノーローンを利用する

 

水道水を使っていた時はミネラルウォーターの情報が少なかったので買うことは意識しなかったです。しかし現代では水道水を使うのが少ないように感じるので私もそれに従いました。実際にミネラルウォーターを買うようになったのはテレビでそれらが特集されていたからです。

ミネラルウォーターは水道水よりも安全で健康的だという意見には賛成できました。それからは家族が必ずミネラルウォーターを買ってきて日常で使用しています。ミネラルウォーターは軟水で日本人には優しいタイプなので本当に安心しています。

以前に硬水で失敗したので今はミネラルウォーターの内容も良く確認するようにしています。水道水の使用は沸騰させる時に限っているので生活も変化しました。私は水道水も普通に飲めることを知っていますがミネラルウォーターの方が美味しいのです。

安全な感覚で使えるミネラルウォーターは総合的にも水道水を上回っています。今の生活ではミネラルウォーターも安いので敢えて水道水を飲む選択肢はなくなりました。しかし価格が高騰したらノーローンで借りてでも継続したいです。


専業主婦だとノーローンは利用できる?できない?

 

結論からいうと、いわゆる専業主婦の方はノーローンのキャッシングを利用することは出来ません


2010年6月に総量規制という、個人への貸し付けはその個人の年収の3分の1までとする法律が施行されましたが、それ以前から全く収入のない専業主婦や安定収入のない専業主婦は契約するのが困難でした。

契約出来ても多くの場合それは、安定収入がある配偶者を保証人とした契約だったのです。

 

しかし総量規制導入後消費者金融業界は契約や貸し付けに関して慎重になり、それまで以上に専業主婦が融資を受けにくくなったのも事実です。


ところが総量規制は貸金業法によるもので、その対象は消費者金融業者です。ですから銀行系の業者と契約すれば総量規制対象外となり、専業主婦でもキャッシング、カードローンの利用が出来ていたのですが、

 

これも金融庁の規制によりほとんどだめになりました。


銀行カードローンはいくつもあるのですが、例えば三菱UFJ銀行カードローン・バンクイックは金利が安い。年利は4.6%から最高で14.6%です。他社は18%というところがままありますが、お金の場合このたった4%程の差が、後々大きくなってくるものなのです。

 

この三菱UFJ銀行カードローンも専業主婦申込が不可能になった銀行カードローンのひとつです。


また銀行カードローンの場合契約申し込みから融資まで数日かかることも少なくないのですが、バンクイックの場合、即日融資にも対応しています。ただしその場合、三菱UFJ銀行各支店内に設置されている『テレビ窓口』まで行って、契約を完了することが必要です。

即日融資にこだわらない場合には、インターネットからも契約申し込みをすることが出来ます。それから、銀行カードローンの場合その銀行の口座を開設しなければならない場合が少なくないのですが、バンクイックの場合は利用にあたり、三菱UFJ銀行の口座を開く必要がありません。

このように銀行カードローンには各社それぞれに一長一短あるので、自分のライフスタイルに合ったところを探し選ぶのも大事なことなのです。

お金がいつ必要なのかで違ってくるノーローンの審査の流れ

ノーローンにはいくつかの申し込み方法があります。

 

その中でも一番人気のあるものはインターネットによる申し込みです。


まずインターネット環境の整ったところでパソコンやスマートフォンを用いてノーローンのウェブサイトにアクセスします。そこで申し込み用のフォーマットを開いて必要な情報を入力し、それを送信します。

その後に審査が開始されるわけですが、審査結果は9時から20時30分の間にメールか電話で知らされます。審査をパスすることができたら契約の手続きに入ります。

 

すぐにお金が必要であるという人には無人契約機での契約がお勧めです。


無人契約機ではまず契約内容の確認が求められます。またこのときに本人確認が行われるために運転免許証や健康保険証などを忘れずに持っていくことが必要です。これらが終了すればその場でカードが発行されます。

そして併設されているATMにてすぐにお金を引き出すことができるのです。しかし近くに無人契約機がないという人やそれほど急いでお金を借りたいわけではないという人は契約書を郵送してもらうことも可能です。郵送による契約はまず送られてきた契約書類に必要事項を記入します。

その後契約書類を本人確認書類のコピーを同封して返送します。これで契約は完了です。このようにいくつかのパターンがノーローンの審査の流れには存在しますが、自分に合ったものをチョイスすることでふさわしい仕方でお金を借りることが可能となります。

ノーローンで即日融資を受けるには?

即日融資を受けたいのであればノーローンでは、審査結果の連絡が、平日12:30以降および土日祝の場合、翌営業日の振込融資となり可能時間・曜日が限られてきます。

 

しかしプロミスやアコム・SMBCモビットであれば即日融資の目安が明確です。


しかも自動契約機があるので『振込可能時間を過ぎてしまった><』『土日祝なので銀行振込が不可能』という方でも当日中にオンライン契約が完了していれば自動契約機で即日カード発行可能となり、その場で融資が可能となります。

それでもノーローンで即日融資を受けたいのであれば

ノーローンは、その名のとおり利息が無料の期間があることで有名な消費者金融業者です。しかし、ノーローンの特徴は決して無料利息で借り入れができるというだけではなく、スピーディーな審査もノーローン独自の要素として注目されています。

 

そのため、ノーローンではキャッシングの利用を申し込んだその日のうちに融資を受けることができる、「即日融資」が可能です。


もちろん即日融資を受けるためには条件がありますが、素早い手続きで知られるノーローンであれば即日融資のハードルは決して高いものではありません。

まず第一に、受付時間内にすべての書類と手続きが完了している、という点です。ノーローンにも自動契約機がありますので、契約機が設置されている店舗まで直接出向き、契約をすればその日のうちに融資を受けることが可能です。

 

自動契約機の営業時間は夜23:30までですが、その日のうちに融資を受けるためには概ね20:30までにすべての手続きが完了している必要があります。


自動契約機での契約の場合、申し込みから融資決定まで30~40分程度の時間がかかりますが、逆に言えば特に問題がなければ申し込んでから1時間足らずで融資が受けられるということになりますので、少しでも早く融資を受けたいという人には自動契約機での契約がおすすめです。

ノーローンではインターネットや携帯電話、スマートフォンからもキャッシングの申込を行うことができます。その場合には、指定銀行口座に融資額が振込まれるという仕組みになっていますが、ネットで申込をする場合には、当日の12:30までにすべての手続きが完了している必要があります。

そのため、インターネット経由でノーローンにキャッシングの利用申込をする場合には、できるだけ早い時間に申し込むことがポイントになります。また、申し込みだけインターネットでしておいて、その後必要書類などは自動契約機で提示するといった「合わせ技」も即日融資には有効ですので、その日のうちに融資を受けたいという人はぜひお試しください。審査結果が出ると今度はアイフルの在籍確認と同様、職場への在籍確認の電話が掛かってきます。

ノーローンでは会社への在籍確認の電話を避けれるのか?

ノーローンに申込む方で一番悩まれている事が、

 

会社に在籍の確認の電話が掛かってきてしまう事


なのです。誰しもこの電話を回避したいと考えますが、ノーローンでは必須になっていますので回避不可能です。

 

でも安心してください!履いてますよ!・・・もとい回避できますよ!


おふざけが過ぎましたが、なんとプロミスなら在籍確認の電話を別の確認方法でする相談が可能なのです。

しかもプロミスの方が金利が低い(ノーローンの最高金利が18.0%なところプロミスは17.8%)ですし、無利息サービスもノーローンが一週間でプロミスが30日と期間も長くなっているのでどちらを選べばいいか一目瞭然ですよね。

在籍確認の電話を別の手段で相談できるプロミス

プロミス 【最短1時間融資】SMBCコンシューマーファイナンス

プロミスレディース

実質年率:年4.5%~17.8% 借入限度額:最高500万円

ノーローンの在籍確認とはどんなものか?

ノーローン審査の際に行われるノーローンの在籍確認というのは、金融機関が審査をしている人が返済能力があるのか確認する為に行うものの1つで本人が申告している会社にきちんと勤めているかを確認することです。

 

要するに審査に通る為に嘘をついていないかのチェックで、場合によっては会社に電話がかかってくるといったケースもあります。


勿論金融御者は貸金業法により第三者に契約について話すことは禁止されているので会社に電話をかけてきたとしても、金融会社の名前を名乗ることはありません。多くの場合は個人名で電話をかけて、その人が会社に在籍しているかを確認します。

本人に代わってもらった場合はフルネームと業者によっては生年月日や住所等の確認がありますし、本人不在の場合は席を外しているだけなのか、休みなのか、既に会社を辞めていないか確認する為に不在の理由を聞くことがあるみたいです。